リソウが届ける安全な化粧品

一般的な化粧品の中には、石油由来の成分が含まれているものが少なからず見受けられます。それらの成分が配合されることによって、使用感が良くなったり、保存性が高まったりするなどといったアドヴァンテージがもたらされるようです。

 

ただし、そうした成分は、お肌にとっては必要なものではないばかりか、何らかのトラブルを引き起こす原因にもなり兼ねませんので、注意することが必要とされます。

 

私の勤めている職場でも、そういった種類のリスクを心配する同僚が数多く存在するようです。そして、同じ職場で働くOLたちの間で話題になっているのが、リソウというメーカーが通信販売している化粧品になります。

 

こちらの企業では、「生命体技術」と呼ばれる技術を用いて、製品づくりをおこなっているのだそうです。

 

こちらの製造技術を利用すれば、植物の生きる力を有効活用して、百パーセント天然由来の成分によって化粧品を作り出すことが可能になるという話です。植物は、成長するために必要な栄養素を、みずからつくり出す機能を備えているのだそうです。

 

例えば、成長する上で必要のないものを除去したり、それらから身を守ったりするために、ビタミンCを合成したり、自身の細胞を作るためにアミノ酸を合成したりすると言われております。

 

そして、われわれ人間は、長い進化のプロセスの中で、外部から取り入れることの可能になるものを合成する能力を失ってきたということです。したがって、健康な身体を作るために、それらの栄養素を積極的に摂取することが必要となるのと同じことが、スキンケアや美容に於いても言えるのだそうです。

 

そういった考え方から生み出されたのが、リソウの生命体技術になります。こちらの企業では、それらの天然由来成分の中でも、特にビタミンCとアミノ酸に着目し、それぞれ「ビタミンC生命体」、「コメ発酵生命体」という名称を付けて、差別化を図っているという話です。