安全な化粧品を

乾燥肌の悩みを解決するには
女性における肌の代表的な悩みとして、乾燥肌が挙げられます。生理や妊娠、出産など、特有の体質が関係していることから、男性よりも多く見られる傾向にあります。理由は、これらが体に表れる際、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの乱れが生じるためです。正しい分泌代謝は、肌細胞におけるスムーズなサイクルを促しますが、異常が起きた場合は、あらゆる乾燥肌に繋がる要因が表れる形となります。

 

中でも大きなポイントとなるのが、皮脂量の低下です。肌の油分は、思春期などに過度な分泌が見られ、にきびの原因に繋がるやっかいな存在として知られていますが、欠乏のし過ぎも、悪影響を及ぼします。なぜならこの油分は、皮脂膜として顔や肌のバリア機能を果たす存在だからです。ウイルス・細菌・異物などの外部刺激から細胞を守ったり、逆に肌内側の水分が蒸発したりすることを防ぐ面で役立っています。しかし分泌が低下すると、細菌感染などから炎症を起こしやすくなり、血行を阻害するにきび・吹き出物を引き起こします。そして水分蒸発においては、純粋に潤いの減少に繋がるため、カサつき、乾きが表れやすくなります。

 

しかし、皮脂量低下の原因となるのは、エストロゲンの分泌不全のみには限りません。誤ったスキンケアによる、自らの手で洗い流してしまうケースも、多く見られる例となっています。肌のために入念さを意識して行っていたとしても、洗浄成分の強い洗顔料やクレンジングを用いたケアによって、逆に乾燥を進行させている場合が少なくないのです。

 

特に影響しやすいのが、洗剤などにも含まれる界面活性剤系成分が伴う、オイルタイプのクレンジングを使用した際です。濃いメイクも化学作用で浮かせて、手軽に落とすことへと繋がりますが、同時に、必要となる皮脂までも洗い流してしまうのです。そのまま就寝してしまうと、ベッドや布団に付いたダニやホコリで刺激を受けたり、内部の水分が蒸発してしまったりするケースへと発展しやすくなります。

 

肌へのいたわりに役立つクレンジング
逆に皮脂を落とし過ぎる危険性が少ないクレンジングタイプとしては、天然由来成分にこだわって作られた製品が効果的です。乾燥肌・敏感肌向けに、そうした特徴を備えたものも市場に展開されているので、乾燥が気になる場合や、予防に取り組みたい際には、役立てると良いでしょう。

 

特に期待が持てるものとしては、リソウの「リペアクレンジングオイル」が挙げられます。メイクオフに役立つオイルタイプでありながらも、尚かつ天然成分100%を実現した商品となっており、乾燥肌対策に重宝しやすくなっています。油分には、米ぬか・ヒマワリなどから抽出したものを使用しています。肌への影響が懸念される石油タイプではないため、安心感を持って活用に臨めます。そして、使用感も特長の一つです。植物由来成分にこだわって配合されているため、ベタつきが少なく、さらさら感が心地良さに繋げやすくなっています。汗をかきやすい夏場の時期や、暖房・加湿で湿度を高めがちな冬の就寝時などにも、寝苦しさに不安を感じることなく、役立てることができます。

 

また乾燥肌防止に適した理由は、それだけではありません。加えて、リソウ社が販売する主要製品「リペアジェル」にも導入している、生命体技術で開発した成分「ビタミンC生命体」を取り入れているのです。肌細胞の活性化に有用なビタミンCですが、そのままの状態では、効果に役立つのはごく一部で、あとは人体に吸収されてしまいます。しかしこの技術では、成分状態を安定させ肌に届きやすい形「L-アスコルビン酸」としているため、より期待が持ちやすいのです。クレンジングをしながらも、さらには美肌効果へも繋げることができる、本格的な美容ケアに適したアイテムとなっています。

 

なぜリソウ社のクレンジングが肌に有用なのか
こうしたこだわりへと注力できる理由には、同社が以前、美容・健康食品分野に特化した会社であったことが挙げられます。1995年から現在までに渡り培われた、栄養素等に関する技術・知識を活かすことで、画期的な成分の働き・安定が実現されているのです。

 

美容液・乳液などのスキンケア製品を中心に展開していますが、クレンジング製品もまた、力を注ぐジャンルの一つに数えることができます。なぜなら、メイクをしっかり落とせるか否かは、肌状態に大きく関わるからです。前述にも触れた通り、毛穴の詰まりは肌トラブルの要因となります。皮脂が溜まることで起こりやすいですが、洗い落とし切れず毛穴に残ってしまったメイク汚れもまた、同様に危険が伴う物質となるのです。

 

メイクオフ後は多くの場合早い段階で就寝に至るので、一晩中毛穴を塞いだ形となり、肌荒れやカサつき、そして乾燥肌へと繋がってしまいやすいのです。同社の天然由来素材100%にこだわったクレンジングオイルであれば、そうした洗い残しの不安を軽減できる有効な洗浄力に加え、皮脂膜までも落としてしまうと言った、過度な作用も抑えることができます。安心感の持てるクレンジングとして、役立てることができます。