安全な化粧品を

技術により、100%天然由来の基礎化粧品を研究・開発し続けているリソウ。肌に負担のかからない、肌に優しい化粧品への取り組み、エイジングケア化粧品としての実績も認められています。それも徹底的に肌に悪影響のあるものを取り除く、という姿勢があってこそ。成分にこだわり、生命体技術による製法技術にこだわった化粧品づくりをしている会社。それがリソウです。

 

本当に肌にいい化粧品とは?

石油成分が配合されている化粧品を使い続けて長い年月が経っている中、近年では、石油系成分を配合しない化粧品が注目を集めています。それは女性が肌に本当にいいもの、を見極めることができるようになったこともあるでしょう。無添加、自然派と呼ばれる化粧品がさまざまなメーカーから発売され、数多くの「肌に優しい」化粧品が生まれています。しかし、無添加と言っても、その基準は明確ではなく、肌に負担のかからない成分だけが配合されている化粧品は多くはない、とされています。
そのような中、リソウがこだわったのは、無農薬栽培米の自社生産、生命体技術による生命体技術による製法、100%天然由来の実現です。

 

リソウの化粧品へのこだわり

こだわりの一つは無農薬栽培米の自社生産です。肌に対する影響を化粧品の原料から考えたリソウ。前年に収穫したお米から抽出したアミノ酸を栄養剤に使う、などより高い効果を出せる方法を利用しながら、植物の生きる力を化粧品作りに加えています。
その植物の生きる力を有効に、最大限に活用するために生命体技術を開発。植物から美容成分を抽出する際の技術によっては、植物の力を十分に利用できないことがあります。リソウは成分を安定させ、天然の素材を維持したまま抽出するという技術を開発したのです。
さらに100%天然由来へのこだわり。石油系界面活性剤、石油系防腐剤、鉱物油、合成着色料、合成香料を使用せず、植物の生きる力を活用することにこだわった化粧品作りを実践しています。

 

アンチエイジングに効果的な成分の開発

肌に優しい化粧品。それだけでは衰えていく肌にとっては物足りないもの。リソウは植物の持つ生きる力に着目しました。それが植物が成長する際に必要な栄養素です。その力を活用するために開発された技術、それが生命体技術です。アミノ酸の抽出とビタミンCの長期安定、薬品や合成成分を使用しない抽出方法、化学的修飾をしないビタミンCの安定、これらを実現し、美容成分として配合しています。
その成分を配合した商品がリペアジェルです。生命体技術により抽出された成分は、必要な部分までしっかりと届くことができる微粒子。必要な栄養素を肌が吸収しやすく、高い効果を発揮します。100%植物由来なので、敏感肌にも安心。石油由来の合成成分は配合されていません。さらに水さえも配合されていないリペアジェル。そのため、高濃度で、乳液、化粧水、クリーム、美容液などの化粧品すべてをまとめてケアを行うことができます。

 

商品ラインナップ

リペアジェルの他にも、スキンケア・洗顔・メイク・インナーケア・ヘアケアシリーズとさまざまな商品を取り揃えています。
肌の乾燥をはじめ、シミやシワなどのトラブルの原因は、バリア機能の低下です。肌が置かれている環境やスキンケア、化粧品、加齢などあらゆる原因が考えられますが、バリア機能を高めることが重要。それをサポートしてくれるのがリペアビューティエッセンス。植物由来成分の配合、皮脂膜、角質内脂質、NMFといった3大保湿因子をサポートしてくれるエッセンスです。
肌の大敵である紫外線対策には、リペアUVクリーム。SPF30・PA++で日常の紫外線対策には適当な数値で肌への負担も少ないUVクリームです。紫外線から肌を守るとともに、美容効果によって紫外線によるダメージをケアしてくれます。
また、インナーケア製品として、体の中から肌や体の健康をケアするサプリメントを取り揃えています。食物繊維をバランスよく、豊富に含むジーケア、天然由来のビタミンEを配合したイーケア、ヒアルロン酸、コンドロイチンなど5つの成分を配合したファイブケア、などがあります。

 

信頼度の高い天然基礎化粧品

リソウが開発している化粧品は、さまざまな公的機関からも認められています。リペアジェルに配合されている2つの成分は、米国化粧品工業会(PCPC)の調査により、世界において類似成分が認められない、という認証を受けています。2つの成分はINCIに新規登録されるという信頼度の高いものです。さらに、新リペアジェルの検証論文が医学誌に掲載されるなど、注目度の高さもうかがえます。

 

無添加化粧品、自然派化粧品などの基礎化粧品やメイク用品が数多くある中で、本当に肌に負担のない、さらにアンチエイジング効果の高いものを選ぶことが大切です。肌のことを本当に考え、それを実現しているのが、リソウです。今後もリペアジェル以外の製品への成分配合など、リソウの研究・開発は続いています。